残業代が出ないなら転職ではなくうつ病で休職する

残業代が出ないなら転職ではなくうつ病で休職する

 

私も働いていたときは社蓄生活に限界を感じ、転職を考えていた時期がありました。

 

忙しさや疲れ、転職の失敗を恐れて行動する気が起きず、結局転職出来ませんでしたが、良くも悪くも休職したことでお金を得て社蓄生活を抜け出すことが出来ています。

 

 転職するくらいなら休職する

「毎日深夜まで長時間残業しているのに残業代が全く出ない、休日出勤しても手当てなんかもちろん出ない・・・。」

 

そんな会社に勤めるのが耐えられず、残業代が出るような会社に転職したいといつも考えている

 

ちょっと待ってください。

 

残業代が出ないと言う理由で転職しようと考えているなら、少し考え直してみてはどうでしょうか。

 

もしかすると、今よりも待遇が悪くなり残業代が出ないどころか、さらに残業が増えるような可能性も十分あります

 

肝心の残業代が出るかどうかは、実際に会社に入ってみないと分かりません。

 

求人票に書いてあることを信じて応募したのに、転職先で働き始めてから、求人票の内容と全然違っていたことに気づくのは良くあることです。

 

確かに、転職することで運が良ければ残業代が全額出る会社に入ることは出来ますが、転職したからと言って、必ずしも残業代が出る会社に入れるとは限らないのが実際のところです。

 

このように、転職にはメリットはもちろんのことリスクもそれなりに伴います。そのため転職にはそれなりの覚悟が必要です。

 

そんな転職よりも状況が良くなる可能性がある方法があります。

 

それは会社を休職することです。

 

会社を休職することで、働けずともお金を手に入れることができるからです。

 

残業代が出ないようなブラック会社で長時間残業しているのであれば、精神に不調を感じていることが十分考えられます。

 

自分では自覚がなくとも、うつ病にかかっているかも知れません。

 

そこで、もしうつ病だと診断されれば治療のため会社を休職することになるので、一度心療内科へ行ってみることをおすすめします。

 

もし休職することになれば、長時間残業することからは解放され、そして何よりも自分の健康を犠牲にしてまで働くことはなくなります

 

休むことで収入がなくなる心配があるかもしれませんが、うつ病で休職していれば働けずともお金を手に入れることは出来ます

 

生きていくには十分なので、今まで仕事に使っていた時間を治療のため、自分の好きなやりたいことのために使えるようになります。

 

詳細についてはこちらで説明していますので、もしよければ参考にしてください。

arrow_orangeうつ病で休職中にお金を得る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。