うつ病で休職中に傷病手当金を申請し受給する方法

うつ病で休職中に傷病手当金を申請し受給する方法

私が「社蓄」生活から脱却し、「お金」生活を得ることになるまでの経緯を、前回のうつ病でも労災認定を受けられ休業補償給付を受給する方法の続きから書いていきます。

 

労災認定を受けるまでは傷病手当金をもらう

ここからは、うつ病になったときに受け取ることが出来る、傷病手当金について解説します。

 

point傷病手当金とは?

病気で会社を4日以上休むことになり、働けず給料が支払われなくなったときには、健康保険から傷病手当金を受給することが出来ます。これはうつ病に対しても適用されます。

 

次のような特徴があります。

 

arrow_blue給与の3分の2を傷病手当金として受給できる (非課税)

arrow_blue支給期間は最長1年6ヶ月

 

支給期間に制限はありますが、うつ病の治療のため1年6ヶ月の間は働かなくてもお金を受け取ることが出来ます

 

休職期間中にもらい始め、その後退職した場合でももらい続けることは可能です。

 

このとき、支給期間中に働けるようになり給料が支払われた場合には、傷病手当金を受け取ることは出来ません。

 

しかし、傷病手当金よりも給料が少ない場合には差額が支給されます。

 

point傷病手当金を受給する方法は?

休職中の生活のためにも、傷病手当金は確実に手に入れておきたいところですが、傷病手当金を申請するときには、ただ申請すれば良いわけではなくいくつかの落とし穴があります。

 

例えば、「傷病手当金支給申請書」を書くときにも気をつけて書かなければならないことがあります。

 

他にも、会社を休み始める時期、有給休暇の取得方法によっては、傷病手当金を受給している途中で、突然受給額が減額されることがあります。

 

これらを知らなかったばかりに不支給や減額となり本来もらえたはずのお金がもらえなくなってしまっては損です。

 

このようなことを避けるためにはどうすれば良いのか、専門的な知識を身に付けておくことが何よりも大事です。

 

私の場合は前回ご紹介した、社会保険労務士である三嶋道明さんの助けにより、傷病手当金を受け取ることが出来ましたので、参考にご紹介します。

 

※詳細はこちらのリンクから確認してください。

acceptうつ病で傷病手当金を受給する方法

 

 

労災認定されたら傷病手当金はどうなる?

まずは労災の申請をし、労災認定を受けるまでの期間は傷病手当金を受け取ります。その後無事に労災認定を受けた後は、傷病手当金は返還することになります。

 

貯金がないので返せないと思われるかもしれませんが、安心なことに、傷病手当金をもらっていた期間分を含めて休業補償給付を受け取れるので、すぐに返すことが出来ます。

 

そして受け取れる金額は休業補償給付の方が傷病手当金よりも多いため、トータルではプラスになります。

 

労災認定されなかったときは?

労災の申請をした結果、万一労災認定されずに休業補償給付が受け取れない場合があります。

 

そのときでも、傷病手当金についてはそのまま受け取り続けることが出来ます。

 

しかし、傷病手当金の受給期間は1年6ヶ月と制限されているため、期間終了後は働き始めない限りは無収入となってしまいます。

 

そうなると、受給期間終了後は無理にでも働かなければならないのかと思われるかもしれませんが、傷病手当金がなくなった後にもらえるお金があります

 

それは障害年金と呼ばれているお金です。

 

障害年金を得れば働けなくても生きていくことが出来るようになります。

 

arrow_orangeうつ病で障害年金2級に認定され障害基礎年金を受給する方法

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。