仕事を辞めたいと思うのは甘えではなく成長するチャンス

仕事を辞めたいと思うのは甘えではなく成長するチャンス

 

私は今の会社で働くことが合わないと思いながらも、せめて三年は続けなければと考え働いていました。

 

そして、三年経ったときには完全な社蓄になってしまっており、正常な思考が出来ずにやめる決断が出来ませんでした

 

その後もずるずると社蓄として働き続けましたが、結局心が病んでしまい今では休職しています

 

休職したことでお金を得ましたが、心が病まずに済むならそれに越したことはありません。

 

やりたくない仕事はやるな

「みんな必死に頑張って働いているのに、辞めたいと考えるのは甘えなんだろうか?」

 

こんな風に考えるのは、決して甘えではなく、むしろ自分自身を成長させる良いチャンスだと言えます。

 

辞める事で根性がない、辛抱が足りないと言う人がいるかもしれませんが、周りを気にする必要は全くないです。

 

周りのために生きてる訳ではなく、あくまで自分のために生きるべきだからです。

 

自分が納得していない、やりたくない、価値を感じないことをやり続けることは、自分の心を殺すだけで何も得られず、成長もありません。

 

確かに働いていれば、やりたいことばかりじゃなくて、理不尽なこと、やりたくないこと、つまらないことをやる場合もあります。

 

しかし、それが一時的ならともかく、ずっとやり続ける可能性が高いならすぐにやめるべきです。

今いる環境だけが全てではなく、他にいくらでも自分に合う環境はあるからです。

 

誰かに強制されるのではなく、自分の意思でやりたいこと、自分に合うことを選択することが自分自身の成長につながります。

 

 

三年働くのは時間の無駄

「このままここで働き続ければ、いつか報われるんだろうか?」

 

よく「石の上にも三年」とか「三年は続けなさい」とか言われますが、はっきり言って続けることは時間の無駄でしかありません。

 

今の会社の仕事が合わないなら、病む前にすぐに辞めるべきです。

 

すぐに辞めると言うと、転職するときに不利だとか、三年も働けないのは我慢が足りない、忍耐力がないと判断する人がいます。

 

しかし、やりたくないことをやって自分の心を殺してまで働き続けた結果、病んでしまっては取り返しがつかなくなります。

 

もし我慢して三年間働くことが出来たときに、理不尽なことやりたくないことも、仕事だから仕方ないと考えるようになっているかもしれません。

 

しかし、それは単純に会社に洗脳され、自分の感覚が麻痺してしまっただけです。最初に違和感があったのなら、その感覚は正常です。慣れたと言えば良い意味での表現ですが、悪い意味で洗脳されただけです。

 

初めは三年待ってから仕事をやめようと思っていたのに、働くうちに洗脳されてしまったせいで、三年経ったころには正常な思考が出来なくなってしまいます

 

そしてやめる決断が出来ずに、その後も心を殺したまま働き続けることになり、最終的には病んでしまいます。最悪、自殺してしまいかねません。

 

病んでしまった場合に働けずともお金を手に入れる方法はありますが、病まないに越したことはないのです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。