仕事に行きたくないなら行ってはいけない

仕事に行きたくないなら行ってはいけない

 

私も社蓄として働いていたときは、いつも仕事に行きたくないと思っていて、仕事に行くことを考えるだけで吐き気がする日々を過ごしていました。

 

今は社蓄生活を抜け出しお金を得ていますが、やりたくない仕事に行くことだけが全てじゃないことに、もう少し早く気づいていればと後悔しています。

 

仕事に行きたくないと思うときは限界

仕事に行きたくないのは、自分が限界だと言うことを伝える心のサインです。

 

仕事に行きたくないと思う時点で、今やっていることは本当はやりたくないことで、強制的にやらされている状態だと言うことです。

 

こんなことをやるのは限界、そう心が出しているサインを素直に受け取るべきです

 

そのサインを無視し、自分が本当はやりたいことを我慢したまま、無理やり心を殺して働き生きていくのは、死んでいるのと同じ状態です。

 

そんなやりたくもないことは、我慢してまでやらなくて良いのです。

 

なぜ、仕事に行きたくないと思うほどのことを、必死に耐えながらやらなければならないのか一度よく考えてみてください。

 

会社のため、生活のため、お金のために仕方なくという理由で、やらされている感覚で働いていませんか?

 

もしそうなら、自分が望むやりたいことをやらない限り、心は死んだままです。

 

心が死んでいる状態では自分は今ここにはなく、「現在を生きる」ことは出来ないです。

 

そして何より、現在を生きなければ、現在からつながる将来を生きることも出来ません。

 

これまで、辛いことをみんなで我慢する、耐えることが何より素晴らしいと教えられてきて、一人だけ楽をすることは甘えだ、怠けだと非難されてきたと思います。

 

でも、はっきり言ってこの価値観はおかしいことです。

 

いくら、他人が我慢して苦しい思いをしているからと言って、それに合わせて自分までその環境に残り、同じように苦しむ必要は全くないのです。

 

今まで周りの目を気にして生きてきて、その結果、今が苦しくて楽になりたいと考えているのなら、自分自身に素直になるべきです。

 

今の会社の仕事だけが全てではなく、他の会社で自分に合うやりたいと思えるような仕事はいくらでもあります。

 

それに、会社に雇われて働くことだけがお金を得る手段じゃありません。起業する選択もありますし、最近ではネットを利用して個人でビジネスをする方法もあります。

 

そして、自分が夢中になってやりたくてたまらないことを仕事にすれば、働くことが苦痛に感じないどころか、そもそも仕事をしたくない、仕事に行きたくないとすら思わなくなります。

 

やらされている感覚で生きるのではなく、自分の意思で選択し好きなことをやって生きていく方が充実した人生を送れます

 

「一度きりの人生、自分の意思で自分のために生きませんか?」

 

arrow_orange会社に行けなくてもお金を得る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。