仕事に行きたくないなら休職するとお金と自由を得る

仕事に行きたくないなら休職することでお金と自由が手に入る

 

私も社蓄として働いていたときは毎日仕事に行きたくないと思い、精神を病んだ状態で働き続けていました。

 

しかし、そんな状態では長く続く訳もなく、結局は休職することになりました

 

休職することで仕事に行くことだけが全てじゃないことに気づけましたが、精神を病む前に気づくべきだったと思っています。

 

仕事に行けなくても、お金と自由は手に入る

仕事に行きたくないほど精神状態が悪化しているなら、休職することをおすすめします。

 

追い詰められ、精神を病んでまで無理して働き続ける必要は全くありません。

 

生きるために働いていたはずなのに、いつの間にか働けば働くほど自分の命が削られるようになっていたのでは本末転倒です。

 

自分の命を犠牲にしてまで働くことほど馬鹿なことはありません。

 

そうは言ってもと、休職することにためらいがあると思いますが、このまま働き続け、体と精神がぼろぼろになってからでは手遅れになります。

 

最悪、自殺をしてしまうこともありえます

 

そうならないためにも、いま精神を病んでいると感じているのなら休職することを選ぶべきです。そして、じっくり休養を取ることが何より大事です。

 

どうすれば休職できるのか?

 

それは会社を長期に渡り休む場合には、休職のための診断書を会社に提出することになります。

 

そして、この診断書は精神疾患のうつ病等でも出されます。

 

そのため、まずは心療内科の病院へ行き診断書をもらうことが必要となります。

 

私がうつ病で休職したときの実体験から、心療内科の病院を受診する方法を紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

 

また、休職することで生活が出来なくなるんじゃないかと心配されているようでしたら大丈夫です。

 

休職したからと言って収入が全くなくなるわけではありません。

 

確かに会社からは給料が支払われなくなりますが、むしろ休職することによって働けずとも手に入るお金があります

 

暮らしていくだけの必要十分なお金を得ることが出来るので、生きていけます。

 

詳細はこちらで説明していますので、よろしければ参考にしてください。

arrow_orangeうつ病で休職中にお金を得る

 

そして休職することでお金だけではなく自由も手に入ります。

 

今まで行きたくない会社のために使っていた時間を、治療のため、自分のやりたいことのために自由に使えるようになります

 

このように、仕事に行きたくないなら、まずは会社を休職することがお金と自由を得るための第一歩となります。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。