うつ病で休職しないことによる本当の後悔とは?

休職する後悔よりもしない後悔の方が大きい

 

私は現在うつ病で休職していますが、休職したことに対して後悔は全くありません。

 

休職したことにより、働けなくてもお金を得ることができ、今では会社で働いていた時間を治療と自分のために使えています。

 

もし休職せずにうつ病のまま働き続けていたら、ますます自分が壊れていたでしょうし、もちろんお金も手に入らなかったので、休職して良かったです。

 

 休職しないことで後悔することは?

精神状態が不安定で、うつ病等により会社を休職しようかどうか迷っているのなら、素直に休職することをおすすめします。

 

うつ病の状態で働き続けていると、ストレスをずっと受け続けるため、症状が改善するどころか、ますます悪化してしまいます。

 

精神の不調は自然と回復するものではなく、治すためにはストレスから離れ、しっかりと休養を取ることが何よりも重要です。

 

働き続けた結果、限界になり、手遅れになってから早く休職しなかったことを後悔しても遅いのです。

 

休職することをためらう理由の一つとしては、自分が抱えている仕事が全然片付いていないことがあると思います。

 

休職することで、自分が担当していた仕事を上司や同僚が引き継ぐことになり、迷惑をかけると思うかもしれませんが、気にする必要は全くありません。

 

自分が限界なときに、他人に迷惑をかけることは決して悪いことではないです。

 

病気の治療のために休むなら仕方がないことです。よく誤解がありますが、うつ病は単なる気持ちの怠けや甘えの問題ではなく、脳の病気です。

 

自分の健康を犠牲にしてまで、会社の仕事のために働き続ける必要はないですし、自分の健康の方が大事です。

 

生活のために働くことで自分の寿命が縮んでいくなら、それこそ本末転倒です。

 

また、休職することをためらう理由として、復職した後で居場所がなくなるかもしれないと思うかもしれませんが、うつ病になるまで精神を追い詰められた職場で再び働く必要はないです。

 

そんな会社にしがみついて働くことが、それほど自分にとって大事なことでしょうか?

 

他に会社はいくらでもありますし、そんな会社で働く価値なんかないです。

 

いきなり退職することはデメリットがあるため、いったん休職した後で、休職期間満了後に退職すれば良いのです。

 

 

休職しても収入はもらえる

復職しなければ収入がなくなり、生活が出来なくなる訳ではなく、働けなくてもお金は手に入ります。

 

うつ病で休職することでお金は手に入り、生活するには十分な金額なので生きていけます。

 

そして何よりも、今まで会社のために仕事をしていた時間を、治療のため自分のやりたいことのために使えるようになります。

 

詳細についてはこちらで説明していますので参考にしてください。

arrow_orangeうつ病で休職中にお金を得る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。