毎日朝起きて会社に行きたくないときは素直に休め

毎日朝起きて会社に行きたくないときは素直に休め

 

私も社蓄として働いていたときは、精神状態が非常に不安定だったため、毎日朝起きて会社に行くことが辛く苦痛で仕方ありませんでした。

 

良くも悪くも休職したことでお金を得て社蓄生活を抜け出すことが出来ていますが、今思えば無理に会社に行こうとせず、素直に休むことにもう少し早く気づいていればと後悔しています。

 

なぜ行きたくもない会社に行くのか?

朝起きて精神状態が悪くどうしても会社に行きたくないなら、素直に思い切って休んでみてはどうでしょうか。

 

憂鬱な気持ちのまま会社に行っても、さらに悪化するだけです。

 

そして休むことになったら、なぜ行きたくもない会社に行って働かなければならないのか、一度あらためて考えてみるのも良いと思います。

 

そんなのはもちろん、「生きるために必要なお金を稼ぐため」と思われるかもしれませんが、本当にそうでしょうか。

 

いつの間にか、働くことと言う手段そのものが目的になってしまい、働くために生きている状態になっていませんか?

 

一日の大半を会社でのやりたくもない仕事を占め、家に帰っても好きなことをやる時間がろくにない、プライベートよりも仕事中心の毎日。

 

会社の歯車となり、いろいろなものを犠牲にして仕事優先で働く。

そんな、働くために生きている状態は果たして幸せでしょうか

 

以前は私もプライベートよりも仕事優先の生活を過ごし、会社の奴隷である社蓄になり下がっていました。

 

毎日、朝起きたときに会社に行きたくありませんでしたが、それでも生活のためにと無理やり働いていました。

 

はっきり言ってこのときの精神状態は酷く不安定で、後にうつ病にかかっていたことが分かりました。

 

今思えば、精神に不調をきたしてまで無理して働くことほど馬鹿なことはないです。

 

精神を壊してまで仕事をし続け、やりたくもないことをやって生きるのは、最早死んでいるのと同じです。

 

どうせ生きるなら、自分がやりたいことをやって生きるべきです。

 

そんなことを言っても実際、働かなければお金を手に入れることなんて出来ないと考えるかも知れませんが、会社で働くことだけがお金を得る全てではありません。

 

うつ病のときに無理して働けなくても、生きていけるだけのお金を手に入れる方法はあります

 

そして、そのお金を手に入れることで生活費に困る心配はなくなります。

 

私は今では社蓄生活から脱却してお金を得ていますが、これまで働き続けた結果、精神を病んでしまったなら誰でも得ることは出来ます。

 

詳細についてはこちらで説明していますので、もしよければ参考にしてください。

arrow_orange会社に行けなくてもお金を得る

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。